「エコ・リサイクル」は人と自然の調和ある社会を目指した無煙・無公害リサイクルシステムです。

製品紹介

活性炭能力測定結果 採取日時:2001年12月16日

活性炭とは、石炭や、ヤシ殻などの炭素物質を原料として高温でガスや薬品と反応させて作られる微細孔(直径10~200Å)(注:10Å=1nm)を持つ炭素です。
当社のシステムから水蒸気賦活することで活性炭が製造できます。活性炭は

  • 各種物質の吸着(脱臭、廃水処理、有害物除去等)
  • 電極材料
  • 土壌改良剤

など様々な用途に使用でき、さらにダイオキシンやシックハウス症の元となるホルムアルデヒドを吸着できることから、最近注目を受けつつあります。
それだけでなく、新規な触媒性能や医療への応用など、その応用範囲は計り知れないものがあります。
本プロセスからは次のような活性炭が製造できます。

product1
product2

活性炭溶出試験結果
分析方法:昭和46年環境庁告示第59号 JIS K 0102に基づく

※表中の「ND」は検出下限値以下 = 入っていないことを意味します。
この結果からエコ・リサイクル・マックスの活性炭は土壌改良材として利用できることがわかります。

溶出試験

単位 廃タイヤ活性炭 検出下限値
試料採取日   平成14年7月4日  
アルキル水銀化合物 mg/L ND 0.0005
水銀又はその化合物 mg/L ND 0.0005
カドミウム又はその化合物 mg/L ND 0.01
鉛又はその化合物 mg/L ND 0.01
有機リン化合物 mg/L ND 0.01
六価クロム化合物 mg/L ND 0.02
砒素又はその化合物 mg/L ND 0.01
シアン化合物 mg/L ND 0.02
ポリ塩化ビフェニル mg/L ND 0.0005
セレン又はその化合物 mg/L ND 0.01
ふっ素化合物 mg/L ND 0.2
ホウ素 mg/L 0.20 0.05
銅又はその化合物 mg/L ND 0.02
トリクロロエチレン mg/L ND 0.001
テトラクロロエチレン mg/L ND 0.001
ジクロロメタン mg/L ND 0.001
四塩化炭素 mg/L ND 0.001
1,2-ジクロロエタン mg/L ND 0.001
1,1-ジクロロエチレン mg/L ND 0.001
シス-1,2-ジクロロエチレン mg/L ND 0.001
1,1,1-トリクロロエタン mg/L ND 0.001
1,1,2-トリクロロエタン mg/L ND 0.001
1,3-ジクロロプロペン mg/L ND 0.001
ベンゼン mg/L ND 0.001
チウラム mg/L ND 0.0006
シマジン mg/L ND 0.0003
チオベンカルブ mg/L ND 0.002

含有分析

単位 廃タイヤ活性炭 検出下限値
試料採取日   平成14年7月4日  
カドミウム又はその化合物 mg/kg 2.3 0.1
砒素又はその化合物 mg/kg 0.18 0.1
銅又はその化合物 mg/kg 99 0.2